医療・介護・福祉就職ウェブ CHUNICHI HEARTFUL JOB49
求人数

人生のサポーターを目指すあなたを中日新聞が応援します

お問い合わせ採用ご担当者様へ

求人情報を探す求人情報掲載件数49会員登録は無料!!会員登録をするとあなたにいち早く優良求人情報をお届けいたします。登録する

求人情報求人情報掲載件数49

条件クリア

閉じる

雇用形態で探す

職種で探す

勤務地で探す

施設形態で探す

あなたに合った仕事を探す

キーワードで探す

その他条件で探す

条件クリア

中日ハートフルジョブ > NEWS&TOPICS > 【くらし】がんでの脱毛でウィッグ、乳房補整具…外見ケア 自治体半数が助成

医療・介護・福祉就職ウェブ CHUNICHI HEARTFUL JOB NEWS&topics

NEWS & TOPICSおすすめのお仕事取材やあなたの知りたい情報をお知らせいたします。

介護職

看護師

薬剤師

医療
専門職

【くらし】がんでの脱毛でウィッグ、乳房補整具…外見ケア 自治体半数が助成

2023年11月30日(木)

 がん治療に伴う脱毛など外見の変化に悩む人を支える「アピアランスケア」を巡り、医療用ウィッグ(かつら)購入費などを助成しているのは全国の市区町村の約52%に当たる904市区町村に上ることが一般社団法人「チャーミングケア」(大阪府池田市)の調査で分かった。

 8月時点の1741市区町村の取り組みを調べ、約38%だった昨年10月の結果を上回った。代表理事の石嶋瑞穂さん(45)は「アピアランス(外見)という言葉が少しずつ浸透してきた結果だが、地域によってばらつきがある」と指摘。一層の支援充実を訴えている。

 調査結果によると、ウィッグ購入費を助成しているのは834市区町村。上限額は「1・5万~2万円」が479市区町村で過半数を占めた。乳房の外科手術による変形をケアする下着など「乳房補整具」の助成は715市区町村。市区町村とは別に、都道府県が一部助成額を負担しているケースもあるという。

 これらのアピアランスケア助成事業の2021年度の申請者数は、有効回答のあった320市町村で計約7千人。うち子どもの申請は11人にとどまっている。石嶋さんは「子どもにはまだまだ支援の手が行き届いていない」として、がん治療経験のある全国の子どもたちへの意識調査も開始。外見の変化が気になったかどうかや、悩みを話し合う機会の有無などを尋ね、結果がまとまり次第公表する。

 全国自治体調査の結果はチャーミングケアのホームページで閲覧できる。

    ◇

子どもこそ かわいいかっこいいグッズで前向きに
大阪の社団法人が販売
 チャーミングケアは8月、アピアランスの変化に悩む子向けの医療ケアグッズを展示、販売するコミュニティースペースを大阪府池田市に開いた。石嶋さんは「子どもたちが悩みを共有し、つながる場所に」と力を込める。

 2016年、小学2年だった長男壮真さん(14)が急性リンパ性小児白血病と診断された。カテーテルを挿管したまま闘病生活を送ることになり、体外に延びたカテーテルのカバーを作るよう病院に依頼された。石嶋さんは友人がブランド品の布で作ってくれたカバーを利用してみた。「ちょっと、これ見てよ」。ふさぎ込みがちだった壮真さんの表情が和らぎ、看護師らに話しかけるようになった。

 石嶋さんはケアグッズの可能性を感じ、同じ悩みを持つ子どもや保護者らに「かわいい」や「かっこいい」を届けようとチャーミングケアを立ち上げた。

 デニム地のカテーテルカバー、治療の副作用で髪の毛が抜けた頭を包むバンダナ風キャップ。デザインに優れた多様なグッズを販売するECサイトを運営する他、壮真さんを講師としてオンライン研修も行い、見た目のケアの大切さを訴えている。「チャーミングケアラボ」と名付けたコミュニティースペースは当面、予約制で公式ホームページから申し込める。

戻る <【くらし】がんでの脱毛でウィッグ、乳房補整具…外見ケア 自治体半数が助成> 次へ

ページ先頭へ