医療・介護・福祉就職ウェブ CHUNICHI HEARTFUL JOB22
求人数

人生のサポーターを目指すあなたを中日新聞が応援します

お問い合わせ採用ご担当者様へ

求人情報を探す求人情報掲載件数22会員登録は無料!!会員登録をするとあなたにいち早く優良求人情報をお届けいたします。登録する

求人情報求人情報掲載件数22

条件クリア

閉じる

雇用形態で探す

職種で探す

勤務地で探す

施設形態で探す

あなたに合った仕事を探す

キーワードで探す

その他条件で探す

条件クリア

中日ハートフルジョブ > NEWS&TOPICS > 【愛知】一宮西病院 新病棟が完成 病床数1.6倍 4診療科新設

医療・介護・福祉就職ウェブ CHUNICHI HEARTFUL JOB NEWS&topics

NEWS & TOPICSおすすめのお仕事取材やあなたの知りたい情報をお知らせいたします。

看護師

医療
専門職

【愛知】一宮西病院 新病棟が完成 病床数1.6倍 4診療科新設

2023年06月03日(土)

新築された病棟(手前)。従来の建物と合わせ、県内最大級の病床数となった

白を基調とした明るい雰囲気の院内

全身のがん検査ができる最新の医療機器=いずれも一宮市開明の一宮西病院で

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

一宮市開明の一宮西病院で二日、新病棟の完成を祝う竣工(しゅんこう)式が開かれた。北側にある既存の病棟と合わせ、病床数は八百一と従来の約一・六倍となり、医療法人の病院としては県内最大級の規模になった。四つの診療科も新設し、より幅広い患者に対応できるようになる。オープンは七月。(猿渡健留)

 新館に当たるB棟は、既存のA棟とほぼ同規模で地上十一階建て、延べ床面積は三万六千平方メートル。病床数は約四百。院内は広々として外光が差し込み明るい雰囲気が漂う。屋上にヘリポートを完備し、ドクターヘリで円滑に搬送できる。

 これまで症状がある程度回復してきた患者には、同院を運営する社会医療法人「杏嶺(きょうりょう)会」傘下の尾西記念病院などに移ってもらっていたが、新たにリハビリが必要な患者向けの病床を整備。西病院の中だけで医療が完結する体制をつくった。新館オープンに合わせ、尾西記念病院は閉院する。

 診療科は腎臓内科や腫瘍内科、緩和ケア科、歯科口腔(こうくう)外科を新設し、幅広い症状に対応。がん治療の対応を強化するため、全身のがんの可能性を調べられる最新の検査機器も用意した。

 現在、既存のA棟も改修中で、改修後には女性のプライバシーに配慮し、乳腺外科や婦人科をワンフロアにまとめたレディース外来を設置する予定だ。

 二日の竣工式には、関係者約三十人が出席した。神職によるおはらいの後、参加者たちが病院の繁栄を願った。

    ◇

「絶対に断らない医療」実現へ 上林病院長 展望語る

病院の将来像を語る上林理事長

 一宮西病院長で、杏嶺会理事長を務める上林弘和さん(67)が2日、本紙の取材に対し「絶対に断らない医療という理念に基づき、診療科を増やした」と語った。

 従来は急性期医療が中心だったが、新館で回復後のリハビリ患者も受け入れられるようになった。上林氏は「シームレスな(継ぎ目のない)医療で地域住民を支えていく」と強調した。

 今後は院内であらゆる治療を完結し、退院後の生活もサポートできる体制を目指す。「地域医療がうちの使命。『西病院にかかってよかった』と言ってもらえるようにしたい」と話した。

 将来的には訪問看護の現場に看護師を派遣する「訪問看護ステーション」をもっと増やしたいとして、「退院した患者さんをちゃんとフォローして、地域を支えていきたい」と語った。

    ◇

 かみばやし・ひろかず 1981年愛知医科大卒。同大病院勤務、上林記念病院院長を経て2009年に一宮西病院院長と杏嶺会理事長に就任。一宮市出身。

戻る <【愛知】一宮西病院 新病棟が完成 病床数1.6倍 4診療科新設> 次へ

ページ先頭へ