医療・介護・福祉就職ウェブ CHUNICHI HEARTFUL JOB0
求人数

人生のサポーターを目指すあなたを中日新聞が応援します

お問い合わせ採用ご担当者様へ

求人情報を探す求人情報掲載件数0会員登録は無料!!会員登録をするとあなたにいち早く優良求人情報をお届けいたします。登録する

求人情報求人情報掲載件数0

条件クリア

閉じる

雇用形態で探す

職種で探す

勤務地で探す

施設形態で探す

あなたに合った仕事を探す

キーワードで探す

その他条件で探す

条件クリア

中日ハートフルジョブ > NEWS&TOPICS > 【愛知】忙しい看護師さんをロボットが救う?薬剤運搬、清掃…新半田病院が実証実験

医療・介護・福祉就職ウェブ CHUNICHI HEARTFUL JOB NEWS&topics

NEWS & TOPICSおすすめのお仕事取材やあなたの知りたい情報をお知らせいたします。

【愛知】忙しい看護師さんをロボットが救う?薬剤運搬、清掃…新半田病院が実証実験

2024年03月07日(木)

 2025年春に常滑市民病院と経営統合する半田市半田病院(東洋町)は、新病院の開院に合わせ、物品の搬送や清掃などを担う「サービスロボット」の導入を検討している。人が行う業務をロボットに任せ、看護師らの負担を軽減する狙い。病院関係者は「ロボットを活用し、働き方改革を進めていきたい」と見据える。
 外来患者や職員が行き交う病院1階ロビーで、人の背丈ほどのロボットが行き来する。障害物を感知すると、滑らかに方向転換して衝突を避けた。

 1月末、病院と県は共同で、サービスロボットの動きを確認する実証実験を院内で開いた。参加したのは大手メーカーやベンチャー企業が開発した10機で、物品の搬送や遠隔診療、清掃など担う。このうちオムロン(京都市)の自律走行型ロボットは開閉式の棚を搭載し、薬剤や検体を中に入れて目的地まで運べる。搬送中は棚にロックがかかり、専用のカードキーをかざして取り出せる。

実証実験に参加したロボット=半田病院提供、半田市の半田病院で

 働き方改革を進めている同院では以前から、医療現場でのロボット導入を議論していた。そこで、ロボットの機能を体感する県の事業「あいちロボットトランスフォーメーション(ARX)」に参画し、業務の効率化を実証することにした。

 薬局まで薬剤を取りに行くといった業務をロボットに移すことで、看護師が持ち場を離れる時間を減らし、本来の看護に専念する時間を増やす狙いがある。今春から勤務医の時間外労働の上限規制が適用されるのに合わせ、医師以外の医療従事者「コメディカル」の労働環境も改善するつもりだ。

 渡辺和彦院長は実験を受け、「職員の反応は非常に良かった。働き方を改革をしていく上で、ロボットは大きな役割を担う。看護を提供する時間をしっかり確保するという意味では、患者さんにも間接的にメリットがあると考えている」と述べた。

 職員らへのアンケートなどを踏まえて、今後どのロボットが導入に適しているかを検討する。
 (山岸弓華)

戻る <【愛知】忙しい看護師さんをロボットが救う?薬剤運搬、清掃…新半田病院が実証実験> 次へ

ページ先頭へ