医療・介護・福祉就職ウェブ CHUNICHI HEARTFUL JOB49
求人数

人生のサポーターを目指すあなたを中日新聞が応援します

お問い合わせ採用ご担当者様へ

求人情報を探す求人情報掲載件数49会員登録は無料!!会員登録をするとあなたにいち早く優良求人情報をお届けいたします。登録する

求人情報求人情報掲載件数49

条件クリア

閉じる

雇用形態で探す

職種で探す

勤務地で探す

施設形態で探す

あなたに合った仕事を探す

キーワードで探す

その他条件で探す

条件クリア

中日ハートフルジョブ > NEWS&TOPICS > 【社会】がん10年生存率 小児は70~90%

医療・介護・福祉就職ウェブ CHUNICHI HEARTFUL JOB NEWS&topics

NEWS & TOPICSおすすめのお仕事取材やあなたの知りたい情報をお知らせいたします。

介護職

看護師

薬剤師

保育士

医療
専門職

【社会】がん10年生存率 小児は70~90%

2024年01月25日(木)

国立がん研

 国立がん研究センターは25日、14歳以下の小児や15~39歳の思春期・若年世代で2011年にがんと診断された患者に関し、10年後の生存率を種類別に初めて集計、公表した。大人を含む全体の10年生存率が46%なのに対し、小児がんはおおむね70~90%と比較的高く、診断から5年以降は生存率が低下しにくい特徴があった。「AYA世代」と呼ばれる15~39歳の生存率も高めだが、種類によって傾向に差があった。

 同センター院内がん登録分析室の石井太祐研究員は「小児がんでは5年を超えれば長期生存が期待できるがんが多いことが示された」と話している。

 全国のがん診療連携拠点病院など341施設のデータを集計した。小児がんでは、白血病の生存率が5年88・4%で10年86・2%。脳腫瘍は5年73・5%、10年71・5%で、いずれも5年以降は大きく低下しなかった。

 AYAがんの10年生存率は40~90%程度。子宮頸部(けいぶ)・子宮がんは5年生存率88・6%、10年87・2%であまり変わらない一方、乳がんは5年90・0%、10年83・5%、脳・脊髄腫瘍は5年83・5%、10年77・8%と10年生存率で低下がみられた。

 また大人を含めて22年に新たにがんと診断された人の部位別患者数も公表。新型コロナウイルス感染症が流行前の18~19年の平均と比較すると、大腸がんと肺がんはほぼ横ばいで、胃がん(90・4%)、子宮頸がん(96・4%)は減少。乳がんは109・1%に増加していた。

AYA世代 

AYAは「思春期と若年成人」を意味する英語「Adolescent and Young Adult」の頭文字。主に15~39歳を指す。国立がん研究センターは、年間2万人超のAYA世代が新たにがんと診断されると推計する。小児で発症することが多いがんと、成人で発症することが多いがんが重なる世代。10代は白血病が最多だが、20~30代は、子宮頸(けい)がんや乳がんが増え、女性患者が多くなる。

戻る <【社会】がん10年生存率 小児は70~90%> 次へ

ページ先頭へ