医療・介護・福祉就職ウェブ CHUNICHI HEARTFUL JOB22
求人数

人生のサポーターを目指すあなたを中日新聞が応援します

お問い合わせ採用ご担当者様へ

求人情報を探す求人情報掲載件数22会員登録は無料!!会員登録をするとあなたにいち早く優良求人情報をお届けいたします。登録する

求人情報求人情報掲載件数22

条件クリア

閉じる

雇用形態で探す

職種で探す

勤務地で探す

施設形態で探す

あなたに合った仕事を探す

キーワードで探す

その他条件で探す

条件クリア

中日ハートフルジョブ > NEWS&TOPICS > 【愛知】密回避 待ちも短縮 ネット問診

医療・介護・福祉就職ウェブ CHUNICHI HEARTFUL JOB NEWS&topics

NEWS & TOPICSおすすめのお仕事取材やあなたの知りたい情報をお知らせいたします。

介護職

看護師

薬剤師

保育士

【愛知】密回避 待ちも短縮 ネット問診

2023年01月24日(火)

瀬戸旭休日急病診療所が導入 市や医師会HPから事前送信 利用6割

インターネットでの問診を取り入れている瀬戸旭休日急病診療所=瀬戸市西長根町で

 新型コロナウイルスの第八波に加え、インフルエンザも流行期に入った。医療機 関が休みになる日曜、祝日に助けになるのが、医師会による休日診療所だ。「瀬戸旭休日急病診療所」(瀬戸市西長根町)は昨年十二月、インターネットを使っ た問診システムを導入した。事前に記入し、送信してもらうことで密を避けられるだけでなく、記入漏れの確認といった手間が省け、待ち時間の短縮にもなると いう。(加藤慎也)

 昨年十二月二十五日から本格的な運用が始まったのはIT企業「レイヤード」(福岡市)が開発した「Symview(シム ビュー)」。休日診療所でのシムビューの導入は県内で初めてという。開所日のみネットで記入でき「熱が最も上がったのはいつですか」「何時ごろですか」 「新型コロナ陽性(疑い含む)の方との接触はありますか」といった約二十の質問への回答や、診療所を訪れる際に使う車のナンバーを入力して送信する仕組み だ。診療所に到着後、「ネットで回答した」と電話をすると、受け付けが完了する。

 直近の開所日だった十五日、診察に訪れた百二十五人のうち、シムビューの利用者は六割以上。事務担当者は「ネットを使った問診は必要事項を入力しないと送信できない。記入漏れの確認が不要な分、待ち時間が減る」と効果を話す。

 医師の負担減にも役立っている。問診のデータは、診療所が二〇一七年から導入している電子カルテに直接貼り付けることができるためだ。診療所長を務める瀬戸旭医師会の金森俊輔会長(65)は「紙から電子カルテへの入力がいらなくなった」と話す。

  診療所の医師は通常一人だが、感染症が流行する十二月中旬~翌年三月は二人態勢だ。現在は、発熱の症状を訴える患者が訪れる人の九割以上を占め、その約七 割が新型コロナかインフルエンザの陽性という。ネットでの問診は時間短縮に効果はあるものの、それでも今年の正月三が日には一日二百人以上が訪れ、会計を 終えるまでの時間は一人数時間に達した。

 診療所では、軽症、無症状で感染の疑いがある人など緊急でない場合は、平日の日中にかかりつけ医に行くよう促している。とはいえ、金森会長は「今はコロナ、インフルエンザの流行期なので、喉の痛みや発熱などがある人は重症化する前に来てほしい」と話している。

 問診票は、瀬戸、尾張旭の両市と同医師会のホームページから記入できる。

戻る <【愛知】密回避 待ちも短縮 ネット問診> 次へ

ページ先頭へ