医療・介護・福祉就職ウェブ CHUNICHI HEARTFUL JOB251
求人数

人生のサポーターを目指すあなたを中日新聞が応援します

お問い合わせ採用ご担当者様へ

求人情報を探す求人情報掲載件数251会員登録は無料!!会員登録をするとあなたにいち早く優良求人情報をお届けいたします。登録する

求人情報求人情報掲載件数251

条件クリア

閉じる

雇用形態で探す

職種で探す

勤務地で探す

施設形態で探す

あなたに合った仕事を探す

キーワードで探す

その他条件で探す

条件クリア

中日ハートフルジョブ > NEWS&TOPICS > 【愛知】認知症知る25冊厳選 中川図書館と介護関係者 実用書、小説など6分類でリストに

医療・介護・福祉就職ウェブ CHUNICHI HEARTFUL JOB NEWS&topics

NEWS & TOPICSおすすめのお仕事取材やあなたの知りたい情報をお知らせいたします。

【愛知】認知症知る25冊厳選 中川図書館と介護関係者 実用書、小説など6分類でリストに

2020年03月25日(水)

 中川区の中川図書館は、認知症への理解を深める本25冊を紹介するブックリストを作った。区内の高齢者施設で働く介護福祉士や、いきいき支援センター(地域包括支援センター)の職員らが一推しの本を選定。疾患の知識を深め、当事者や家族介護者の思いにも沿う本がそろった。 (出口有紀)

 高齢化が進み、認知症に対する悩みや問題も増える中、住民全体の理解を深めたいと企画した。認知症にまつわる小説やノンフィクションは、介護などさまざまな角度から取り上げた本が出版されているが、同館奉仕係長の鈴木崇文さん(44)は「認知症の人や家族も多く来館する。どんな本を選べばいいか分からない人たちのヒントになれば」と話す。

 認知症の人と家族をよく知る専門職の意見を入れようと、中川区の特別養護老人ホームなどで働く職員9人と区の社会福祉協議会に選定委員会に入ってもらった。各委員が持ち寄った40冊を、読みやすさのほか、テーマの重複がないかなどを確認し、25冊に絞った。

ブックリストへ掲載した書籍を並べたコーナーの隣で「図書館が認知症への理解を深めてもらう場所になれば」と話す選定委員ら

 A4判、4ページのリストは「どういう病気?」「当事者の気持ち」「予防・運動」など6つに分類。脳を活性化する運動を紹介した実用書や、当事者によるエッセーなどが並ぶ。

 老人保健施設のケアマネジャー安田いづみさん(60)は沖縄県で初めて若年性認知症を公表した大城勝史さんの著作「認知症の私は『記憶より記録』」(沖縄タイムス社)を推した。「認知症になると暗い話になりがちだが、大城さんの経験から、当事者や家族が、同じような経験をした仲間を見つけ、話をすることが力になると分かる」と説く。

 別の老人保健施設の介護長高野理恵さん(57)は、名古屋市の直木賞作家大島真寿美さんの小説「やがて目覚めない朝が来る」(ポプラ社)を推薦。周囲の大人が老いていく様子を、1人の少女が見つめる作品だ。認知症や介護を直接、テーマにしてはいないが「命を敬う気持ちを持っていると、ケアする側の接し方も変わってくる。介護のことを考えたくない時でも入りやすい本」と話す。
 

中川図書館が作成したブックリスト=いずれも中川区の中川図書館で

 リストは同館で配っているほか、市図書館ホームページの「その他お知らせ」からダウンロードできる。

戻る <【愛知】認知症知る25冊厳選 中川図書館と介護関係者 実用書、小説など6分類でリストに> 次へ

ページ先頭へ