医療・介護・福祉就職ウェブ CHUNICHI HEARTFUL JOB154
求人数

人生のサポーターを目指すあなたを中日新聞が応援します

お問い合わせ採用ご担当者様へ

求人情報を探す求人情報掲載件数154会員登録は無料!!会員登録をするとあなたにいち早く優良求人情報をお届けいたします。登録する

求人情報求人情報掲載件数154

条件クリア

閉じる

雇用形態で探す

職種で探す

勤務地で探す

施設形態で探す

あなたに合った仕事を探す

キーワードで探す

その他条件で探す

条件クリア

中日ハートフルジョブ > 知って得する豆知識 > いい印象を残すポイントは?「メラビアンの法則」

知って得する豆知識就職の大いに役立つ最新の情報やニュースをお届けいたします。

介護職

看護師

薬剤師

保育士

医療
専門職

いい印象を残すポイントは?「メラビアンの法則」

2020年01月21日(火)

「メラビアンの法則」

 みなさんは「メラビアンの法則」という言葉を聞いたことがありますか?アメリカの心理学者 アルバート・メラビアンが提唱した概念で、話し手が聞き手に対して与える影響を数値化したものです。
 ●視覚情報(Visual : 55%): 見た目・表情・しぐさ・視線など
 ●聴覚情報(Vocal:38%):  声のトーン・速さ・大きさ・口調など
 ●言語情報(Verbal:7%):  話の内容など

これを見てもわかる通り、人は見た目や表情、ジェスチャーなどの視覚情報と、声のトーンや速さ、大きさなどの聴覚情報で人に与える影響が9割以上を占めているということになります。もちろん、面接の際に話す内容がどうでもいいということではなく、せっかくいい内容を話しても、下を向いたままで表情が見えなかったり、ボソボソと聞き取りにくい小さな声で話したりしていては、全くいい印象を残すことができないということです。

会って3秒が勝負

 人の印象は、会って3秒で決まるとも言われています。医療職・福祉職を目指すみなさんにとって、最も大切なことは「清潔感」と「笑顔」です。まずは前髪が目にかかっていないか、洋服がシワだらけじゃないか、爪が切りそろえられているかチェックしましょう。それから、何よりも重要なことは「笑顔」。緊張して笑えないこともありますが、笑顔は最強の武器です。就職イベントでブースに座る際、面接で最初に部屋に入った際は、必ず笑顔であいさつしましょう。

いい印象を残すポイントは?「メラビアンの法則」

ページ先頭へ